感情をコントロールする5つの方法と3つの習慣

感情をコントロールする5つの方法と3つの習慣

人は誰しも喜怒哀楽があります。
嫌なことがあれば悲しいし、怒るし
嬉しいことがあれば喜ぶし楽しくなる。
当たり前の生理現象です。

大人になるにつれて
感情のまま行動や言葉を発するのはできなくなります。
どうしても、
コントロールしつつ生きてかないといけないですよね?

感情のコントロールが身に付ける事ができれば
人間関係もよくなるし
理想の生活にも確実に近づいていけます。
一生モノのスキルですよね(*´∀`*)

今回は感情のコントロールの方法と
コントロールしていくための訓練を紹介していきたいと思います。
お役に立てたら嬉しいです^^

感情をコントロールする方法!コントロールとは感情を押さえつける事じゃない。

ここで誤解しないで欲しいのですが、
感情のコントロールとは
自然に湧き上がってきた感情を
押さえつけるのではないということです。
押さえつけてばかりいると
ネガティブな感情も感じなくなりますが、
感動や嬉しさも感じなくなってしまいます。

例えて言えば
感情は車みたいなもので、
正常な状態の車をうまく運転できる人であれば
目的地にきちんと着けますよね?

コントロールできない状態とは
飲酒運転や体調不良などで
うまく運転できない状態です。
事故ったりぶつけたりしてしまいやすくなりますよね?

感情のコントロールができる状態とは
車をうまく運転でき、行きたい所に
すんなり安全に行けるようになると言う事です。
感情は最大の味方にもなれば敵にもなってしまうのです。
上手く扱って味方にするしかないですよね~

感情をコントロールする方法!すぐできる具体的なやり方

では感情をコントロールするための
具体的な方法をご紹介します~
まずは、
その場でネガティブ感情がでてきたときの
すぐできる対処法を紹介します。

まずは客観的に自分の感情を受け入れる。

まずは自分の感情を素直に受け入れることです。
特に怒りや嫉妬などのネガティブ感情はわくと
怒っちゃダメだ!と受け入れない人も多いですが
怒り、嫉妬などを受け入れないでいると
溜め込んでしまいストレスになって
うつ状態などになってしまいます。

怒りの感情がわいた時は
つい我を忘れそうになりそうですが、
怒ってる自分を客観的にまずは一旦受け入れてください。
感情に飲まれやすい人は難しいかもですが、
訓練したらできるようになってきます。

怒ってる自分を認めてゆっくり3回深呼吸

王道ですが、
まずはゆっくり深呼吸しましょう。
たかが深呼吸ですが
ゆっくり3回深呼吸で
だいぶ心が落ち着き
冷静な判断の方向へ向かっていけます。
その場でできないときは
軽くする程度でもだいぶ違います。
1人になれる場所にいける状態なら
その場所へ行き
ゆっくり深呼吸をしてみましょう。

ネガティブ感情を早めにその都度発散する!

これも王道なのですがあなどれません!
ひたすらイラついたことを書きなぐり
思いっきりビリビリにやぶく。
大声を出せる場所に行き
大声をだし叫ぶ!
愚痴を言い合える友達や恋人に聞いてもらうのもいいですね。
感じたネガティブ感情は
なるべく早くその都度発散するのです。
とにかく自分の感情を溜め込まない事です。

気持ちの切り替えが出来ない時は体を動かす

怒りや嫉妬などネガティブ感情を感じて、
気持ちを切り替えたいのにずっと
まとわりついて頭から離れない事ありますよね?
私もよくあります、あれ辛いですね。
そんな時は
脳がその思考をループしておくってる状態なので
一旦脳を休ませ別の事をしたり
体を動かしたりして
何も考えずにひたすら集中できる状態を作ってください。

何か嫌な事がありイラついていたけど、
仕事が忙しすぎて集中していて
気がついたらその嫌な出来事忘れてた。
なんて経験ありませんか?
ジョギングなど手軽にできるので大変おすすめです。

運動や作業に集中することは
自然と瞑想状態になれます。
瞑想のススメ~自分の直感に気づけるようになる!
こちらの記事にも書きましたが
今を生きる瞑想状態になり、
頭をクリアにする癖がつくと
自分の直感や大切なものを見落とさないようになれるので、
大変おすすめなのですよ(*´∀`*)

怒りを抑えるツボ、スイッチを決めておく。

またまた子供だましみたいで申し訳ないのですが、
あなどれませんよ?(*´∀`*)
自分で怒りを抑えるスイッチの場所を決めておきます。
例えば私ならお腹と胸の間です。
そのスイッチを押すと
怒りが消える!と決めて
怒りを感じたらそのスイッチを押しましょう!

はじめは収まらないかもですが、
自分なりのマイルールで
無意識にすり込んでしまうと
不思議と効くもんなのです。
お金もかからないのですぐ試してみるべし!

ちなみに他の私のマイルールは
寝る前に枕を明日起きたい時間の回数分叩いて
「ちゃんと起きられる!起こしてね!」
と言い寝ると必ず起きられるというルールがあります(笑)
個人的にはおすすめですよ~

感情をコントロールするできる自分になるための習慣

その場のネガティブ感情を解消するだけでなく、
日頃から感情をコントロールできる自分になるための
習慣をしていけば、
感情がわくのは止められませんが、
常に客観的に自分をみれるようになるので、
その場であった判断ができるようになれます。
ここでは、
コントロールできる思考の習慣について
紹介していきましょう。

ネガティブ感情を掘り起こし本音や価値観を知る。

怒りを感じた自分を受け入れたら
なぜ怒りを感じるのか?
なぜ嫉妬してるのか?
自分によく聞いてみてください。
そして、本当は現実はどうでありたかったか?
を分析してみてください。
落ち着いたときに紙に書いてみることもおすすめします。

※例1
一生懸命やったレポートなのに上司にコケにされ、努力が足りないと怒られた。

[なぜ??]
努力が認められなくて寂しいんだな。

[本当はどうでありたい?]
一生懸命やったことを認めてくれたうえで
至らない点をきちんと注意してほしかった。

[自分の価値観や思い込み]
自分を認めて欲しいとおもってる
努力は認め合うものという思い込みを持ってる

※例2
同じ役者活動をしてる同期に
大きい仕事が舞い込んできて嫉妬を感じた。

[なぜ??]
同じ活動をしていて
同じレベルの相手なのに
先を越されたことに焦りを感じてる。

[本当はどうでありたい?]
私も大きい仕事をこなして活躍したい

[自分の価値観や思い込み]
自分は自分なりのよさがあり役者として表現できると思っている。
自分を認められたい価値観が強い。

怒りや嫉妬を感じるのは
あなたの中の大切な価値観が刺激されたからです。
怒り、嫉妬のネガティブな感情がきたら
自分の気づいてない価値観や
思い込みなどに気づけるようになるチャンスです。
あなたの本音や大切にしてる価値観などが
ハッキリわかるのですよ。

自分の価値観や本音を知れたら満たすために出来る行動をしてみる。

自分の価値観や本音がしれたら、
自然と落ち着いた気持ちになってきます。
本音や価値観を満たすために
具体的にどう行動していったらいいかを
紙に書き出してみます。
重要な事は、
無理せずに毎日習慣としてできる範囲をすることです!

先ほどの例では
※例1

努力は人に認められるためにするのではなく
自分のスキルを身に付けるものである。
自分の努力はけして無駄にはならない。
私は私でやるべき事をこなしていく。

※例2

今回はその仕事が自分より同期の方が合っていただけ。
私は私で自分の持ち味を生かしつつ、
幅広く役をこなせるように活動しまくるだけ。

どう行動していけば見えてくるので
自然と癒されるのです。
自己セラピーですね(*´∀`*)

ネガティブ感情から知る価値観や思い込みから
どう行動したらいいかに行き着く癖をつけたら
怒りも嫉妬も無駄でなくなるし
感情に飲まれる事も少なくなってくるはずです^^

常にニュートラルな思考でいる!

同じような逆引き寄せがおきてしまう理由。。呪われてるわけ??
こちらの記事にも書きましたが、
物事には必ずメリットとデメリットがあります。
一見嫌な事と思われることにもメリットが隠れてるし、
いいことあったわ~(*´∀`*)てときも
必ずデメリットが隠れてるわけです。

なので、日頃から
浮かれてしまうほどいい事があった時などは
嬉しいを感じながらも、
デメリットを意識してみる。
嫌なことあって悲しい、イラつく!な状態でも
その中でのメリットを意識する癖をつけてください。
紙に書いてみるのです。

嬉しい出来事のデメリットをかくなんて
ネガティブ思考て思われがちですが、違います。
自分の感情を感じながらも
常にニュートラルな判断をできる状態になるために癖をつけるのです。
ニュートラルな思考でいられれば
どこかで客観的に自分をみられるようになるので、
感情のコントロールが自然と身につくのですよ^^

まとめ

今回のまとめです。
感情のコントロール方法

➀ 感じてる感情を客観的にうけいれる。
➁ ゆっくり深呼吸3回で落ち着かせる。
➂ 感じたネガティブ感情は早めにその都度発散させる。
➃ 感情に支配されそうなら、運動や作業に集中して頭を空っぽにする。
➄ 怒りを抑えるスイッチを決めて感じたらプッシュ!

感情のコントロールできるための習慣

➀ ネガティブ感情を掘り起こし本音や価値観を知る。
➁ 本音や価値観を満たすための行動をしてみる。
➂ 出来事のメリット、デメリットを意識して常にニュートラル思考でいる。

感情は自然な現象なので
すぐには出来ないと思いますが、
繰り返し練習したら
必ずコントロールできるようになれます。
スムーズに自分を運転して
理想のライフスタイルに向かって進んでいきましょう(*´∀`*)