引き寄せの法則は本当にあるのか?引き寄せとは現状の物差し

引き寄せの法則は本当にあるのか?引き寄せとは現状の物差し

今でこそ引き寄せの法則はメジャーになり、
自己啓発の世界に興味ある人は当然に知っている言葉になりました。

でも、そもそも引き寄せて何?
小学生んときとかよくしてたおまじないの大人バージョンみたいなもん??
そこで、今更ながら引き寄せの法則に基本と実際にあるのかどうか?について追求していきましょう~

引き寄せの法則て何?由来について~

引き寄せの法則とは、ナポレオン・ヒル著の【思考は現実化する】から始まり
日本では2007年に訳されたザ・シークレットをきっかけに知れ渡り
セミナーなどができたりたくさんの人が興味をもちはじめました。

本を読んだりセミナーに参加した後は、
今までの自分の間違えてた部分がやっとわかった!
これで人生かわる!
私は生まれ変わる!!
と高揚し生まれ変わった気分になれたりします

しかし、実際のところ気持ちの切り替えをしたところ
小さな事は引き寄せたりできるけど
現状何も変化もなく
引き寄せなんかないんじゃないか?

あまり実感わかない。
結局ポジティブでいろ。
嫌なことは目をそむけて知らないふりしろてことじゃね??
現実変わらないと意味ないんですけど。。。。ヽ(`Д´)ノ

うん、めちゃわかりますよ。。気持ち。私もそれでずっといじけてたので。。。笑

引き寄せとは理想の自分との距離の目安

では引き寄せの基礎について簡単にわかりやすく書いていきたいと思います。
これを心掛けるだけでも自分の望む方向に変化していきやすくなると思います。

そもそも引き寄せとは
理想の自分がゴールとしたらゴールまでの過程の現実の1つでしかありません。

そして引き寄せたい現実が叶うときは
その現実に相応しい見合ったときでなければ叶いません。

例えば、起業して成功してお金持ちになりたいとします。
気持ちだけは億万長者の社長で、
成功した自分をありありとイメージしたり

成功したあとお金は何に使いたいとかことごまかくイメージして紙に書いたりして
メディアにもでちゃったり。ザ・成功者!!(気持ちだけはね)
しかし。。
ビジネスのノウハウも知らない、コミュニケーションもできない。
何も経験のない人がいきなりそれで成功できるでしょうか?
おそらく無理でしょう。

フィギュアスケートの選手もサッカー選手も選手になると決めて
モチベーションを保ちつつ
毎日人並以上の練習を積み重ねてきたからこそ
選手になれる相応しい人物になったら選手になった現実があるわけです。

引き寄せられるものは今の自分に相応しいものだけ

今現在引き寄せられてる、自分のまわりにあるモノや状況、人などは今のあなたに相応しいものです。
望む現実のハードルが高ければ高いほど、
相応しい自分になるための行動が必要なわけです。

具体的にどうしたらいいのかというと、
まずは自分の理想を明確にしてみます。
紙に書くのもおすすめです。頭で描いてるよりもハッキリと自分で確認できるからです

引き寄せは理想の自分を現実の自分のギャップの差の目安

引き寄せは理想の自分を現実の自分のギャップの差の物差しです。
あなたの心が喜びや嬉しい、
ポジティブな出来事があれば理想の自分に近づいている。

あなたの心が
悲しかったり怒りがわいた出来事があれば理想の自分から後退している。

おおまかにこれを基準にして現状を把握してみてください。
理想の自分になれた時は、
それに相応しい人物になっているので
もうそれが当たり前の感覚になっているのですよ。

まとめ

引き寄せの法則といえば、魔法のように目の前に現れてくれると必死に引き寄せようと
力んでしまいがちなのですが、あくまでも現状の自分の立ち位置を知る物差しであること。
現実を変化させるには、それに相応しい自分になるために行動は必ず必要です。
これを心がけて行動していけば、あなたの未来は必ず変化してくれるはずですよ^^