最高のラポール!どんな相手とでも信頼関係を築けるたった1つの方法

最高のラポール!どんな相手とでも信頼関係を築けるたった1つの方法

日常のコミュニケーションにおいて
もっとも大切なことのひとつに信頼関係がありますね。

信頼関係『ラポール』

人はどんな強い人でも1人で生きていけるわけがないので

それぞれの人と人の間の人間関係において

信頼関係(ラポール)を築けるかがいかに
あなたの人生がいい人生になるかそうでないかが左右されてしまいますよね~

仕事でも家族関係でも恋愛でも
信頼関係があると相手との関係をスムーズにし
言葉で伝えなくても思いが伝わります。

今現在身近に関わる人とは
ぜひ信頼関係(ラポール)をきずきたいですよね?

そこで今回は、信頼関係(ラポール)を築くコツについてまとめてみました。

お役にたてたら嬉しいです(*´∀`*)

信用と信頼の違いって知ってますか??

まずですが、、

信用と信頼て同じようなニュアンスで使いますが、

微妙に違うのってご存知ですか??

簡単にいえば、
過去を「信用」未来を「信頼」
ですかね^^

信用=今までの過去の実績や成果に対しての評価のこと。
過去の業績に対して「信用」するのです。

信頼=今までの実績や成果やその人の人柄などを踏まえて
「この人ならこの仕事を任せても大丈夫だろう」や
「彼とならいろんなことを乗り越えていける!」
などと、その人との未来の行動を期待する感情となります。

信用は過去に実績や成果があれば信用されるのですが、
信頼となると実績+人柄なども含まれるため
人と人のコミュニケーションが重視されるのですね^^

この人の言う事なら信頼できる!
この人がおススメだから買う!

こんな信頼関係ができれば
お仕事でも恋愛でも人間関係全般
とてもスムーズで充実した人生になりますよね?

信頼関係(ラポール)を築くためのポイント

さて、肝心の信頼関係を築けるコツについてお話ししたいと思います。

細かいことをいえば、

相手の求めてるものを満たしてあげるとか

相手の気持ちに共感するとか

自分の意見も伝えつつ、相手に誠実に接するとか

相手が大切にしてるものを自分も大切にする

などなど
色々あるのですが

元から気が合う人、波動があう人などは
すんなりできるかと思うのですが

お仕事などの場合は
気のあう人ばかりではないので
これをこなすのってかなりシンドイことになりますよね(;’∀’)

恋人や友達などは
付き合いたい人とだけ
信頼関係を築けばいいだけですから

自分の感情に嘘をつかずに
素直に生きれば
信頼関係を築くのって結構簡単です。

相性が合わない相手とも信頼関係を築けるとっておきの秘密!

興味のある人や好きな人
気のあう、波動の会う人との信頼関係の築き方は
比較的意識しないでもできたりしますが

仕事の上司や部下などで
気の合わない、相性の悪い相手とも
信頼関係を築けたら
仕事もやはりやりやすくなり
無駄なストレスがなくなるんじゃないでしょうか?

そこで!
相性の合わない上司や部下や
仕事でかかわる相手とも
信頼関係を築くことができる
とっておきの秘密を
教えたいと思います。

え~相性が合わない人となんか無理だよ(-_-;)

と突っ込みきそうなんですが。。。
結構単純で簡単です。

それはたったひとつです。

それは。。。

相手と同じ目標を目指し共有すること!

たったこれだけです(*´∀`*)

相手と同じ目標を目指すことだけにフォーカスをおくことです。

人はやはりメリットがないと行動しませんし持続しません。

同じ目標に向かうならお互いがメリットがあるので
お互いの価値観が違っても
何を考えていても
そんなことは関係なくなります。

その目標に早く近づくためにどうしたらいいか?
という事を基準に考えればいいので

スムーズに信頼関係を結んで
前に進めるのです。

仕事なら1年後までに
売り上げをいくらまであげるぞ!
とか

夫婦なら
子供の将来のためにどうしたらいいか?

など同じ目標のためならば

喧嘩や派閥もあまりなく
いい関係が作れます。

信頼関係というのはソウルメイトや運命の相手とだけ築けるものではない。

よく勘違いされがちなのですが、

信頼関係とは

いわゆるソウルメイトや運命の人など
何もしなくても通じ合うみたいな
まさに自分とぴったりな相性の相手な関係!

的な感じにイメージに思う方も多いとおもわれますが、

ソウルメイト引き寄せ術!運命の人を見抜く方法。

こちらの記事にソウルメイトについて詳しくかきました~ご参考にしてください^^

確かに何もしないで自然に信頼関係が築いていければ
とっても素敵なことだし素晴らしいことです。

しかしそんな人と出会う確率てそうそう多くはないですよね。
だから運命の人!ソウルメイトなのです。

だからそれだけが
信頼関係と視野をせばめてしまうと
信頼関係を結べる人がとても限られてしまい、

人間関係を無駄に難しく考えすぎてしまう傾向になってしまいますよね。

固定観念ができてしまい
視野が狭くなってしまいます。

 

同じ目標を目指すというメリットがあるからこそ信頼しあえる。

同じ目標を共有する。

これは家族、恋人関係の気の合う間柄から
職場などの気の合わない人たちと
関係しなければいけないかもしれない状況でも
共通する信頼関係を築くのに1番いい方法です。

家族関係や恋人関係
職場での人間関係もそうなんですが、

喧嘩や派閥の原因の根本は

目指す目標が違う時

です。

しかし、同じ目標を目指すなら
相手の価値観や
相手が自分をどう思っているかとか
考え方の不一致とか
気にならなくなります。

なので、
もし喧嘩などしてしまったら

共通の目標を目指してるということを基準に考えて
相手とよく話し合ってみてください。
わりとスムーズに仲直りできるかと思いますよ^^

人ってやはり自分にとってメリットがなければ行動しないのです。

人は単純にメリットがあるから行動する。人の行動の目的は根本は基本2つ

この記事にも人の行動の根本的な原因について書いてますが、

人の行動の目的はみんな同じで人は誰でも

1.安心したい。(傷つくのを避けたい。不安を解消したい)
2、喜びや幸せを味わいたい

この2つの目的で行動しますし、
その行動が持続します。

お互いの目標が同じで、
目標にいきつくまでが1番の価値観ならば

その目標行くためのメリットがいっしょなので

相性がよくなかろうが

その人のことを信頼できるようになれるし
お互い自分のためにともに進んでいけるのですね。

まとめ

※信用と信頼の違い

・信用=今までの過去の実績や成果に対しての評価のこと。
過去の業績に対して「信用」する。

・信頼=今までの実績や成果やその人の人柄などを踏まえて
その人との未来の行動を期待する感情となります。

※相性のいい人から相性の悪い人まで
どんな人とでも信頼関係を築くことができるとっておきの方法は

相手と共通の目標を目指すこと!

※信頼関係は特別なソウルメイトや運命な人とだけ築けるわけではない。
それだけが信頼関係と思い込んでしまうと視野をせばめてしまう。

※人はやはり自分にとってメリットがある時に
行動するし持続する。

お互い同じ目標にいきたいというメリットがあるからこそ
相手との相性や価値観など関係なく信頼しあえる。

恋人関係、家族関係はもちろん
職場関係の人とは

まず目指す目標をお互いによく確認しあい
その目標にいきつくためにどうするかに
フォーカスを置いて相手と接したら
結構簡単に信頼関係が築けます!

相性が合わないなぁて思ってたあの人の
いがいな面もみえてきていい関係になれるかもしれないですよね^^